セッションメニュー

2016年05月19日

森羅万象を体感する「カヒロア」

こんにちは。
Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。

わたしがクラスをしているもののひとつに「KahiLoa」があります。

これはカフナと呼ばれる古代ハワイ(カウアイ島)のシャーマン達が活用していた
ロミロミのジャンルの一つ、として考えられています。


意外とロミロミセラピストの方でも知らない人が多い
マニアックなハワイアンシャーマニズムになりますが、
全国各地、遠方からも遥々受講しに来てくださる
当サロンでとても人気の講座です。

そして、不思議とこの講座にはいつも
自然をこよなく愛する人たちが惹き寄せられてくるようです。

そんな素敵なナチュラリストたちとの出愛はわたしにとって宝物。

森羅万象にふれ、それを自身で体感していくことは
わたしが今、一番お伝えしたいことかもしれません。


画像の説明


鞍馬山のすぐ麓で
鳥のさえずりを聞きながら
鞍馬山からの風が心地よく吹き抜けるお部屋で
この「カヒロア」の講座をしていると、

「火」や「水」など、自然界の7つのエレメント繋がるとはどういうことか
受講生さん達もすんなりと自然に体感しやすいようで、

そうすると
おのずと大自然に対しての畏敬の念が湧いてくるんですよね。


わたしはこの体験こそが恩寵だなぁと思うのです。




kason_kurama at 12:16|Permalink

2016年05月03日

レイキ発祥の地・鞍馬



こんにちは。
Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


今日はレイキの講座を開催しました。


image


場のチカラって凄く大きいなぁと感じます。


霊気発祥の地、鞍馬でレイキを学んでみたい
という方はぜひお問合せください。






kason_kurama at 19:22|Permalink

2016年03月18日

観道人直伝タオの秘技「慈蓮」

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


「華存」のすべてのセッションメニューには
観道人直伝のタオの秘技「慈蓮」をオプションでプラスしていただけます、
と書きましたが、
この秘技がどういうものなのか、
言葉にして説明するのが非常にむずかしいのです。

そこで、
伝えていただいた師(Kan.さん)に
「慈蓮」についていただいた言葉を下記に載せておきますので
ぜひこちらでそのニュアンスというかエッセンスを
ご自身のセンスでつかんでみていただければと思います。

o0480048013593901826

【 慈蓮 】

古のタオイスト達は、
北極星の放つ比類なきエネルギーを取り込む方法に通じていた。

各流派によりそのエネルギーの活用の仕方は異なっていた。

こころの奥に存在する泉に咲く蓮と
北極星の融合から成るこの手法を大切に保持してきた。

蓮派は表の歴史、文献に登場することはなかった。

戦いを超える母性を求める人々のために慈蓮は生み出された。  

 Kan.





kason_kurama at 00:12|PermalinkComments(0)

2016年03月17日

華存のセッションメニューについて①

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


「華存」では、カラダとココロが癒されるよう
ボディワークセッションをおこなっております。

メニューは完全オートクチュール、
各個人それぞれに合わせたオリジナルセッションとなります。

お客さまのご希望をお聞きし相談しながら
オリジナルのセッションを一緒につくりあげていきます。

そして「華存」でおこなうすべてのセッションに
師(Kan.さん)に伝授していただいた
観道人直伝、タオの秘技 【 慈蓮 】
オプションでプラスしていただけるようにいたしました。


「慈蓮」については又あらためてコラムを書きますが(⇒
母性に関わるため、特に女性のための秘技だと師からは言われています。

非常にタオっぽい秘技なので、衝撃的なものではなく
受けるほどにジワジワくる、という感じだと思いますが、
わたし自身はとても大切で奥深く重要なところだと実感しています。

o0480048013593901858

川のせせらぎの音で浄化され、
鞍馬山から吹く霊気をあびてたっぷりとエナジーチャージ。

趣きのある築200年の古民家でゆったりと過ごす時間は
いそがしい毎日のご褒美。

近くには温泉もあるのでセッションの帰りに立寄られていかれる方も多く、
リトリート的に過ごすにはもってこい、かと思っています。


セッションメニューについては【メニュー一覧】をご覧くださいませ。





kason_kurama at 21:12|PermalinkComments(0)