サロンについて

2016年03月18日

リトリートとは

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


「リトリート(Retreat)」 とは・・・

もともとは「静養」や「療養」という意味からくるもので、
日常生活から離れ、
普段の環境とは異なる場所で
自分を見つめ直すことをいいます。

いそがしい日々の中、
誰もが安心してそういう時間をもっていただける
そんな環境づくりのお手伝いができますようにと願いを込めて
華存ではサロン名にリトリートという言葉を入れました。


1411472140970
                            鞍馬山・奥の院 大杉権現


ボディワークでお身体のメンテナンスをして、
鞍馬のお山を歩いたり、
温泉に立ち寄ったり、
サロンの縁側で静かに瞑想したり・・・

ぜひここで
「自分のための時間」
を過ごされてみてくださいね。



kason_kurama at 14:26|Permalink

2016年03月17日

華存☆サロン名の由来

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


「華存(KASON)」という名は
わたしが師事しているタオのマスター、
Kan.さんに付けていただきました。

そして名付けていただいた時に
この名前について下記のような言葉を頂戴しました。

もったいないくらいの言葉ですが、
この意に叶うよう、日々ますます精進し、
心を込めてお客さまをお迎えしてまいりたいと思っております。

「華存」をどうぞよろしくお願いします。



【 華存 】

その古民家に足を踏み入れた時、
瞬時にハートに共振が起こった。

古きものとこれからこの空間で生じていく未知のものとの共振である。

ハートに火が灯ることを「華」という。

ここは人が何かを深める場。
そして創造の根源的エネルギーに満ちている。

永く眠っていたこの古民家を復活させる為には
想像を絶する掃除の日々だったに違いない。

畳の上で書を書かせていただいた時、
「華存」というこのサロンの名称がタオの世界からもたらされた。

奇しくもタオの歴史の中でも知る人ぞ知る女性マスターの名前でもある。

縁(えにし)こそは人生の宝である。

施術においても、セッションにおいても、講座においても、
魂の奥底からくつろげて、少数精鋭が自らに至る道を極めていく…

そんな願いが籠められている。

Kan. 


o0500037613251704576







kason_kurama at 17:11|PermalinkComments(0)