2016年04月05日

ご予約について


Kurama Retreat Salon 「華存」は完全予約制・女性専用サロンです。

ゲストの方にはゆっくりとくつろいでいただけるよう、
ご予約受付は1日2組までとさせていただいております。

ありがたいことに大変ご好評をいただいており、
当サロンのご予約は現在ご紹介制とさせていただいております。
どうかご了承くださいませ。



≪アクセス≫

鞍馬リトリートサロン『華存』は叡山電鉄「鞍馬駅」から徒歩3~4分、
鞍馬寺山門からすぐ近くです。 詳しくはご予約時にお伝えします。

お車の方はサロン前に1台駐車スペースがございますのでこちらをご利用いただけます。
駐車スペースを確保いたしますので、お車でお越しの方は事前にお申し出ください。




o0500037613222310151






2016年04月04日

禁忌事項


禁忌事項について

以下の事柄に当てはまる方は受けていただけないメニューがある場合がございますので
必ず事前に(ご予約前に)ご確認いただき、不明な場合は症状をご相談ください。

 • 体調のすぐれない方(熱がある、風邪をひいているなど)  
 • 現在医療的治療を受けている方、持病のある方
 • 現在服薬中の方
 • 手術を受けて間もない方や後遺症がある場合 
 • 骨や関節や筋肉に問題のある方、骨粗しょう症の方 
 • 重篤なアトピー性皮膚炎など、皮膚疾患のある方、日焼け直後の方
 • アレルギーがある方
 • 精油やオイルなどで何か症状がでる方


又、以下の事柄に当てはまる方はトリートメントをお控えください。

 • 高血圧・てんかんのある方 
 • 妊娠中またはその可能性がある方、授乳中の方
 • 動脈硬化・血栓など血液や血管に問題がある方
 • 重症の病や腫瘍がある方
 • ヘルペス、結膜炎など伝染病にかかっている方
 • 感染症(肝炎、水虫などを含む皮膚病など)のある方
 • 飲酒されている方



なお、当サロンでおこなっているセッションは、
癒しを目的としたトリートメントであり医療行為ではございません。
その旨、ご了承くださいませ。



o0480048013593901869




2016年04月01日

鐘楼

こんにちは。
Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。

鞍馬寺に鐘楼があるのをご存知でしょうか?

奥の院に入って石段をのぼるとすぐ右手に
鐘楼への登り口があるのですが
意外と気がつかないで通り過ぎてしまう方も多いようです。

この鐘楼、参拝者が自由に鐘を撞くことが出来るんですよ。

お寺に行くとよく鐘楼を見かけますが、
自由に鐘を撞かせてもらえるところって実はとても少ないのです。


DSCN2399_1814


この梵鐘は「寛文10年(1670)の銘文をもち、
「扶桑鐘銘集」にも紹介される名鐘なのだそう。


> 一呼吸して心を鎮め
> やさしく静かに撞いてください
> やさしく撞くと良い音がでます

と一文が添えてあります。


ぜひ機会あれば、
そのとおりにして撞いてみてみてください。


本当に良い音が心の奥深くに響いてきますよ。


DSCN2692_2071






kason_kurama at 12:22|Permalink鞍馬散策 

2016年03月30日

スピリチュアルジャーニー(Sedona2016)

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。

少しサロンのお休みをいただいて
アメリカはアリゾナ州にあるセドナに行ってきました。


わたしが師事している
Kan.さん & マックス・クリスチャンセン氏

ふたりのマスターのもとで学べたこの機会は
何にも代えがたい本当に尊く幸せな時間で、

今、この時、この瞬間、
この体験が出来たことは、

今後わたしが歩いていくタオ(道)の
大切な指標のひとつとなりました。


いつも等身大ですが、背伸びもせず、
ありのままの自分に出来ることをひとつひとつ真摯に坦々とやっていくことが
未知なるオリジナルのタオ(道)を切り拓いていくすべなんだなと、

そして人は生きていたら時として
思いもよらないいろんなことに出くわすこともあるけれど、

それでも、なにがあっても、
「人生を、今を、楽もう」って、
「勇気を出して前に進んでいこう」って、
あらためて深く決意した今回のスピリチュアルジャーニーでした。


DSCN5458_46501


受け取った学びやセレモニーでの恩寵は
感謝しても感謝してもしきれないくらいですが

これから又ご縁あるわたしと関わってくださる人々に
ひとつひとつ大事に還元していければと思っています。


このステージに導いてくださったすべての存在に感謝を込めて

どうもありがとうございます。



2016年03月19日

樹々の精霊

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


鞍馬山の奥の院を歩いていると
樹々の精霊たちが
やさしく見守ってくれているのを感じます。

むずかしいことは何もなくって
ただ大自然に敬意をはらって真摯に歩いているだけで
ネイチャースピリットたちは
ごく自然に交流してくれているのではないでしょうか。


DSCN4799_3991
                             鞍馬山・奥の院





kason_kurama at 15:58|Permalink鞍馬散策 

楓の古木

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


鞍馬山の山門を入ってまもなくの山道にある楓の古木。

木の幹の中に根が生えています。

いつもここで足を止めて、
しばらく古木を見つめています。


o0240032010850043924
                 鞍馬山


生きる力

生かされてる力

その玄妙に想いを運んでみませんか?






kason_kurama at 12:30|Permalink鞍馬散策 

2016年03月18日

川のせせらぎの散歩道


こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


趣きのある町家が並ぶ鞍馬の街ですが、
サロンの裏手には川が流れています。

水もとてもきれいですし
川のせせらぎの音に身を委ねていると
余計なものがどんどん流されていって
自然にシンプルな自分に戻っていけるような気がします。


o0480048013593901841


鞍馬は京都市内ですが
どこか遠くに旅行にでも来たような
日常の喧騒とは違う
まるで異次元にでも迷い込んだような
そんな感覚になったりと
店主であるわたしでも
時々フトそんなふうに思ってしまいます。


やっぱり鞍馬はリトリートに最適ですね。



kason_kurama at 20:56|PermalinkComments(0)鞍馬散策 

リトリートとは

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


「リトリート(Retreat)」 とは・・・

もともとは「静養」や「療養」という意味からくるもので、
日常生活から離れ、
普段の環境とは異なる場所で
自分を見つめ直すことをいいます。

いそがしい日々の中、
誰もが安心してそういう時間をもっていただける
そんな環境づくりのお手伝いができますようにと願いを込めて
華存ではサロン名にリトリートという言葉を入れました。


1411472140970
                            鞍馬山・奥の院 大杉権現


ボディワークでお身体のメンテナンスをして、
鞍馬のお山を歩いたり、
温泉に立ち寄ったり、
サロンの縁側で静かに瞑想したり・・・

ぜひここで
「自分のための時間」
を過ごされてみてくださいね。



kason_kurama at 14:26|Permalinkサロンについて 

小鳥たちのご馳走

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


華存の縁側に坐っていると
鳥の鳴き声が心地よく響いてきます。

小鳥たちは中庭によく訪問してくれる可愛いお客さまたちですが
冬の終わりになると庭の赤い実を見事に完食されていかれるのです。

ですが、
今年はなぜか南天の実がたったひとつ、
ポツンと残されていました

o0480048013593901813


遠慮のかたまり?なのかしら??

これも微笑ましい風景です(笑)




kason_kurama at 12:11|Permalink日々つれづれ 

鞍馬駅も春の装い

こんにちは。

Kurama Retreat Salon 「華存」
店主の華凛です。


公共機関だと鞍馬までは
叡山電鉄でお越しいただくことが多いのですが
(※地下鉄「国際会館駅」から京都バスもでています)
なにせ、超ローカルなワンマン電車ですので
これまでICカードというハイテクなものは使えまぜんでした。

が、

なんと! この度、叡山電鉄でも
ようやくICカードがご使用いただけるようになったのです。

出町柳駅でわざわざ毎回切符を購入していただく手間がなくなるので
乗換えがギリギリの時など、お客さまも便利になるのではないでしょうか。

都会ではあたりまえのことだと思いますが
叡山電鉄沿線のわたしにとっては
こんなことも大きなニュースのひとつだったりします(笑)


o0480048013593901806

鞍馬駅付近も春の装い。

色あざやかにとてもきれいに咲いてくれているので
観光客も思わず足を止め
皆さん、写真撮影に夢中になられています。






kason_kurama at 08:20|PermalinkComments(0)日々つれづれ